Blog&column
ブログ・コラム

ビルの防災設備(非常用設備)とは?

query_builder 2023/07/03
コラム
48
「防災設備にはどんな種類があるの?」と疑問に思っているかたはいませんか?
今回の記事では、ビルなどに設置される防災設備について解説していきますので、参考にしてみてください。

▼防災設備とは
防災設備とは、災害から建物と人を守る設備のこと。
災害が起こった場合は災害が発生したことをすぐに人々に知らせ、迅速に避難できるようにする設備です。
防災設備があれば、例えば火災の際には消防隊が消火活動や救助活動を行ないやすくなります。

▼防災設備の種類
防災設備には、以下のような種類があります。

■消火設備
消火器や屋内消火栓、スプリンクラー、水バケツ、水槽など

■警報設備
火災報知器、ガス漏れ警報機、漏電警報器、非常ベルなど

■避難設備
避難はしご、滑り台、誘導灯など

■防火設備
防犯シャッター、防火扉など

▼防災設備は定期点検も大切
防災設備は定期点検が義務付けられています。
機器点検は6か月に1度、総合点検は年に1度行ないます。
また行政機関への、点検結果の報告の義務もあります。
「防火管理者を選任しているか」「避難訓練をしているか」「避難階段に障害物が置かれていないか」といったことなどを消防機関に報告します。

▼まとめ
防災設備があれば、建物と人を災害から守りやすくなりますよ。
大阪にある「合同会社えにしす」では、建物検査を通してお客様の安心と安全を保障いたします。
品質基準は厳しく管理されていますので、安定してハイクオリティの検査が可能です。
「建物を長く安心して利用したい」というかたは、ぜひお気軽にお問い合わせください。

NEW

  • リノベーションの費用相場はどのくらい?

    query_builder 2023/09/02
  • ビルの防災設備(非常用設備)とは?

    query_builder 2023/07/03
  • 排煙設備とは?ビルや学校などで活躍!

    query_builder 2023/06/05
  • ビル管理では法定点検(設備点検)が必要!

    query_builder 2023/05/03

CATEGORY

ARCHIVE