Blog&column
ブログ・コラム

建物の躯体の劣化について

query_builder 2022/09/15
コラム
31
マンションなどの建物の躯体に生じる劣化は、どのようなものがあるのでしょうか。
建物を安全に建築するためには、躯体における劣化状況を確認することが大切です。
ここでは、建物の躯体の劣化についてお話しします。

▼建物の躯体とは?
地震などの災害に耐えるための建物の構造を支える骨組みのことです。
主に、柱や壁、梁、床などを指し、内装外の仕上げや設備以外の部分のことを言います。
躯体の構造としては、木造、鉄筋コンクリート造、鉄骨造の3種類に分けられます。

躯体の劣化
■内部のサビ
雨漏りにより、コンクリート内部に水が溜まり鉄筋がさびます。
サビは、外装の塗膜を破り、ひび割れが発生するのです。

■ひび割れ
何らかの応力が作用して生じる引張破壊現象のことです。
ひび割れが広がることで、雨水が入り建物を傷めてしまいます。

■下地調整材の浮き
躯体に、タイルや仕上げ材を塗る前にセメントで段差を修正します。
そのセメントと躯体の境目に水分などが入り、浮いている状態となるのです。

■エフロレッセンス
下地のコンクリートやセメントモルタルのアルカリ部分が、雨水により溶けだします。
その結果、空気中の炭酸ガスなどに反応して、表面に白色の粉状が結晶化する状態のことです。

▼まとめ
躯体の劣化には、内部のサビやひび割れ、下地調整材の浮きなどが挙げられます。
建物は、経年劣化や外部環境などに影響しますので、しっかりと点検することが大切です。
「合同会社えにしす」では、実績豊富なスタッフが高品質な検査をご提供いたします。
躯体の劣化に関して相談があれば、ぜひお問合せください。

NEW

  • 建築物省エネ法とは

    query_builder 2022/09/22
  • 建物の躯体の劣化について

    query_builder 2022/09/15
  • 躯体出来形検査とは

    query_builder 2022/09/08
  • 基礎工法の種類と特徴

    query_builder 2022/09/01

CATEGORY

ARCHIVE