Blog&column
ブログ・コラム

マンションにおける建築基準法について

query_builder 2022/08/01
コラム
25
マンションの経営や管理をする場合、建築基準法の知っておく必要があります。
法律に関することを予め知っておくことで、いざという時に役立つかもしれません。
そこで今回は、マンションの建築基準法についてお話しします。

▼建築基準法とは
建築基準法とは、建築物や構築物に関して定められた基準です。
建物の管理者は、国民の命や健康に害が無いように努めなければなりません。

マンションにおける建築基準法
マンションは、共同住宅なので建築基準は「特殊建築物」となります。
学校や病院・商業施設なども同じで、安全性の確保をしなければなりません。
特殊建築物は「法定建築設備点検」「特殊建築物定期調査報告」が義務付けられており、定期的な点検と報告が必要です。

■法定建築設備点検
法定建築設備点検とは、建物の利用者が快適かつ安心に暮らせるようにする法定点検のことです。
1年に1回の頻度で専門的な知識を持った検査資格者が、マンションの点検を行う必要があります。

■特殊建築物定期調査報告
特殊建築物定期調査とは、マンションの安全性を守ることを目的とした調査のことです。
3年に1回の頻度で調査資格者による調査を行い、特定行政庁への報告を行います。

▼まとめ
マンションの建築基準は、特殊建築物扱いになります。
そのため「法定建築設備点検」「特殊建築物定期調査報告」の義務があるでしょう。
マンションに住んでいる方が快適かつ安全に過ごせるように、努めなければいけません。
合同会社えにしすでは、資格保有者によるマンションの検査を行っております。
マンションの管理についてお悩みでしたら、是非、当社へご相談ください。

NEW

  • マンションの設備不良に関するトラブルについて

    query_builder 2022/08/15
  • マンションの検査を受けるための書類について

    query_builder 2022/08/08
  • マンションにおける建築基準法について

    query_builder 2022/08/01
  • ビル管理法の対象となる建物について

    query_builder 2022/07/22
  • ビル管理法関連の資格とは

    query_builder 2022/07/15

CATEGORY

ARCHIVE